学生生活

テニスLIFEの始め方③~ガットを選ぼう~



皆さんこんにちは、たくみです。


今回はガットの選び方について紹介していこうと思います!

(前回の投稿を見ていないという方はこちらから!)


テニスLIFEの始め方①の方でガットとは何かについて軽く説明したので、まだ見ていない方や見たけど忘れてしまった方はぜひもう一度確認してから今回の投稿を見てくださいね。



ガットなんてただの紐なんだから何でもいいだろうと思っているそこのあなた、火傷するぜ?

ラケットを正しい方法で選び、ガットまでこだわった結果、あなただけに合った最高のラケットになるんです!



ではさっそく解説していきましょう!!


ガットは素材で種類が違う

 

見出しにもあるように、ガットは出来ている素材によって3つに大別できます。

ではそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

 

ナチュラルガット


一つ目はナチュラルガットと言われるものです。


実はガットを日本語訳すると「腸」で、このナチュラルガットはその名の通り天然物の牛の腸を使って作っています。

 

 

 

 






現在の科学や技術がない今から500年以上前、テニスというスポーツができた頃からこのナチュラルガットは使われていますが、昔は牛ではなく羊の腸を使用していたそうです。



ナチュラルガットの特徴は、打球音が良いこと、テンションが長持ちすることです。



テンションとはガットをラケットに張るときにどれだけぴんと引っ張って張るかを数値化したもので、この投稿の後半でもっと詳しく解説していきますね。

 

 

 










(工場でナチュラルガットに必要な腸を処理している写真です。ぜひ工場見学行ってみたいですねぇ。)



また、一部ではナチュラルガットを超える性能を持ったガットはいまだ開発されていないといわれているにもかかわらず、実は使っている人はあんまりいないんです。



その理由はこのガットのデメリットにあり、それはメンテナンスが大変なことと値段がすごい高いことです。


このガット、天然物というだけあって非常に傷みやすく特に湿気に弱いんですよ。ちょっと雨が降ってるけど大丈夫と言って練習すると、もう次の日にはそのガットは使い物にならなくなっています。



また値段は普通ガットと言えば1000~3000円が相場ですが、ナチュラルガットは4000~6000円ぐらいが相場で二倍以上の差があります。

ガットは何回も張り替えるものなので、長期的に見ると相当お高くついてしまうんですよねー



一回テニスショップで店員に無理を言ってナチュラルガットのラケットを試打させてもらいましたが、良い意味で打球感は全然違います。


しかし、がさつでめんどくさがりな僕にこのガットをメンテナンスするのは無理なので使おうとは思わないですね(笑)

 

ナイロンガット


二つ目はナイロンガットについてです。




ナイロンガットは初心者にオススメのガットと言われています。




その理由は反発性が強いところにあり、小さい力でもボールが遠くまで飛ぶので、特に初心者の女性は初めてのガットでナイロンを選ぶとよいのではないでしょうか。




ナイロンガットのデメリットは、ナチュラルガットに比べるとそうでもないですが湿気に弱いことと、上手くなってきてスピンのかかったボールを打つようになるとすぐガットが切れてしまうことです。


張ってから2週間ぐらい練習して切れてしまったり、ボールが飛びすぎてしまうようだったら次に紹介するポリエステルガットをオススメします。

 

 

 

 

 



こちらの写真はナイロンガットの断面図で、真ん中の太い芯の周りに細い糸が付いてるものと、細い糸が何本も密集しているものがあります。




なぜこの写真を上げたかというと、ポリエステルガットとの違いは表面を見ただけでは分からず、断面に違いがあるからです。



店頭に行くと上の画像みたいに断面図が商品の表紙についているので、そこでナイロンガットかポリエステルガットか判断してくださいね。


ポリエステルガット


最後に紹介していくのはポリエステルガットです。



よく経験者が「ポリ」と言っているのは何かをポリポリ掻いているのではなく、ポリエステルのポリなんですよ。



ポリエステルガットはナイロンガットに比べて飛びにくく切れずらいという特徴を持っているため、上記したように練習を重ねてスピン系のボールを打つようになって、ナイロンガットがすぐ切れるようになったら使い始めるのが妥当でしょう。


また、初心者の方でも力がある人だとナイロンガットでは飛びすぎてしまうためポリエステルガットを張るのが良いと思います。一回試打してみて決めるのもありですね。

 

 

 

 








こちらがポリエステルガットの断面図の画像です。

ナイロンガットに比べると一目瞭然、なんとも殺風景な断面ですね。ポリエルテルガットは太い一本の糸のみでできているんです。

 

テンションって何?


上でも書いたテンションについて説明していきます。



テンションはガットをどれだけ引っ張って張るかを数値化したもので、数が大きければ大きいほどぴんと張っている状態になります。



こちらもラケットと同様オーソドックスな値を教えたいところですが、これに関してはガットとラケットの組み合わせによって基準値がバラバラなので、店員に聞くのが一番早いです。

大体50ポンドぐらいをオススメされると思いますよ。



あと、ガットはラケットと一緒に店員のところに持っていけばガットを張ってくれます

自分では張ることができないので、必ずお願いしてください。

 

たくみ愛用のガットを紹介!


では僕の使っているガットを紹介していきましょう。

 

 

 

 




左から バボラのRPM Blast GOSENのEGGPOWR が私のお気に入りで、必ずどちらかを張るようにしています。



どちらもポリエステルガットの中ではなかなか有名なのではないでしょうか。



まず RPM Blast は、スピンの掛け方が擦り上げて掛けるのではなくボールを潰して回転をかけてるのが特徴で、私はこの打球感が好きなのでこれを使っています。

このガットを使うときは特徴を最大限に引き出すため、気持ちテンションを低くすることをオススメします。



次に EGGPOWER はスピンの掛り方が他のガットとは全然違います。その名前にもあるように、エッグボールという深くスピンの掛ったボールが打てるようになり、今使っているラケットとの相性がいいので使っていますね。

ラケットごとに相性のいいガットが違うので、店員に聞いてみるのもありですよ!

 

まとめ


ガットって見た目だとあんまり違いがない分、何でもいいやと思ってしまってた人もいるのではないでしょうか。


見ていただいた通り、意外と様々な種類があってそれぞれ違った特徴があるんです。

 

自分に合った特徴を持ったガットが必ずあるので、適当に選んでしまうのはとてももったいないですよね。

 

今回この記事を投稿するにあたり、店員に話を聞いたりテニス友達に聞いたりしたことを踏まえると、やはり初めてラケットを買うという人はナイロンガットを張るのが妥当なのではないかと思います。

 

しかし、ナイロンガットの中にもメーカーごとにたくさんの種類がありますが、これに関しては一概にこれがいいとは言えず、完全にラケットやプレイヤーとの相性になってしまいます。

 

そう考えると初めてガットを選ぶ際は店員と一緒だと安心ですね。




 

まさに、「たかがガット、されどガット」です!





 

次回は「シューズの選び方、おすすめのテニスショップ」について紹介していきたいと思います!

お楽しみにー!!








こちらはこの記事を書いた中の人のSNSです!ぜひフォローお願いします!

また、質問等はこちらにDMをお送ってくれれば返信いたします!私が主に扱ってる大学生活、投資、資格のことなどテニスのこと以外であってもお答えしますよ!

Twitter→@takumi1714206 

Instagram→takumi1714206

-学生生活

Copyright© りおぷろ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.